三菱、DVR-HE500、のDVDドライブ交換

写真1)はじめに
三菱DVDレコーダー、DVR-HE500(80GB)の、DVDドライブを交換した。
DVDドライブは、2~300枚も焼くと、レーザーダイオードが、熱ダレでやられてしまうので寿命になる。
パソコンではよく経験するが、家電のDVDレコーダでも、焼きが不安定になり、
ついには殆ど焼けなくなってしまったので、ドライブを交換した。
幸い、心強い先人のサイトがあったので、迷うことなく交換出来た。
先人より、新しいことをした部分は全く無いが、情報は多い方がよいので、
ここに掲載する。本体は、三菱DVR-HE500(80GB)、2004年モデル。
画像


写真2)ドライブ
HE500に搭載されていたのは、パイオニアDVR-107MTであるが、型番の107が同じであれば、
OKらしいので、パソコンで使用されていた、DVR-107Dを落札た、2千円でした。
IDEパラレル接続で、シリアル接続ではありません。
画像


写真3)本体分解
天板を外した後、はめこみの前面化粧板を外す。
DVDドライブを外して、IDEケーブルと、電源4Pケーブルを抜く。
画像


写真4)DVDドライブ分解
ドライブを入れ替えただけでは、認識されずエラー表示が出て電源が落ちる。
ドライブ固有のIDを、本体ROMが覚えているらしい。
なので、DVDドライブ内部の基板も入れ替えて、本体をだます。

DVDドライブのフタを開けて、大きい基板(IF基板と思われる)を入れ替える。
フラットケーブル3本は、コネクタを前に引いて外す。
ヘッド駆動用モータへの電源線(4P)は、引っこ抜くだけ。
画像


写真5)ベゼル交換
ベゼルと云うのは、ドライブの前の細いカバーのことで、
ここにロゴを入れたりして、個性を出す、ドライブの顔の役目もする。
その為か、一体成型されずに、別な成型部品になっている。
まず、手動トレイ排出の孔に、細い金属棒を挿して、機械的にトレイを出す。

最初から付いていたのは、三菱オリジナルの細いベゼル(黒)で、
新規購入品は、パソコン用の太い、汎用ベゼル(白)が付いている。
ここを入れ替えないと、トレイ収納時に、ベゼルが引っ掛かる。
ベゼルは、2箇所のロックを外して、上に抜くと取れる。

ベゼルとコンビの、全面パネルも、左右のロックを外して交換する。
画像


写真6)完成したドライブ
内部基板と、ベゼルを入れ替えて、完成したドライブ。
本体が白で、ベゼルと前面カバーが黒くなった。
あとは、解体の逆の順序で組み上げる。
電源を入れると「設定しています」と云う表示の後、正常になる。
画像


リンク)
参考にした先人のサイト(こちら
プレステの分解サイトも役に立つ(こちら

この記事へのコメント

くろちゃんです
2010年04月23日 16:00
こんにちは、やはりパイオニア107でないとだめなのでしょうか。たのメーカだと基盤を換えられないんでしょうか、すいませんがわかる範囲でおしえてください。
Susan Carvin
2010年04月23日 19:35
くろちゃんさん、107でないと、だめだと思います。
物理的に、基板サイズや、ソケットが、合わないのではないでしょうか。
ヤフオクで、3千円弱で売っていますよ。
トミー
2010年08月01日 12:26
はじめまして、私は、DVR-HE500持っているのですが、「ベネッセコーポレーション」の「こどもチャレンジ(つたえあいシアター)」が、2009年版まで見れていたのですが、2010年版から見れなくなりました。(2010年版から映像画格が16:9に変更されています。)DVR-HE500のDVDドライブを変えればみれるようになるのでしょうか?それとも機械または、液晶テレビの設定を変えればみれるようになるのでしょうか?
Susan Carvin
2010年08月01日 15:38
トミーさん、コメントありがとうございました。
申し訳ございませんが、よく分りません。
16:9でも、ブルーレイDVDでなければ、とりあえずは映るとは思います。
ドライブを変えても、同じパイオニアのドライブしか認識しないので、
問題は解決しないと思います。
手っ取り早くは友人のとか、別なDVDプレーヤーにかけてみるのはどうでしょう。
ツタヤあたりで売っている、中国製の安いプレーヤーの方が、媒体適応性が高いです。
液晶TVは、16:9でも4:3でも、とりあえず映りますし、最適設定の変更も可能です。